超インドアブログ

好奇心を刺激する心理学ニュース、心理学まとめ、ライフスタイル系の情報を発信していきます

心理学ニュース

仕事に自信がない...その原因は趣味にもあるかも

hobby

「仕事の効率が悪い...。努力しているけど、一向に上手くなった気がしないのはなぜ?」

真面目に仕事に取り組んでいても、上達している実感が得られない人は多くいます。

原因には、基礎能力足りていなかったり、性格の影響だったりといったことが挙げられるでしょう。

しかし、趣味が影響していると考えつく人はほとんどいません。

新しい研究によると、趣味が仕事に近いと、自己効力感が低くなることが分かりました。

例えば、「科学者」が休みの日に「論文ばかり読んでいる」と、本業への自信が低下するということです。

なぜ、このような心理的な現象が起きるのでしょうか。

論文が”Journal of Vocational Behavior”に掲載されています。

趣味と仕事が似ていると生産性が落ちる?

仕事をし過ぎると、生産性が落ちます。

体も心も疲労から回復しないせいで、次の日の集中力が大幅に下がってしまうのです。

そして、趣味が仕事と同じでも生産性に影響します。

 

シェフィールド大学の研究では、趣味が仕事と同じまたは、仕事と同じくらい難しいことをしていると、自己効力感低下することが分かりました。

 

研究の対象になったのは、129人の趣味がある人(即興コメディやアマチュアのクライマー)たちです。

まずは、被験者らの趣味が仕事と似ているかを質問。

それから7ヶ月に渡って毎月、仕事への自信やレジリエンス(回復力)、作業効率、趣味の時間などを記録してもらったそうです。

 

そして分析結果を見ると、次のことが分かりました。

  • 趣味の時間がより長い人は、仕事に対する能力が高いと信じていた
  • ただし、趣味が仕事と離れている、もしくは似ていても簡単な活動だった場合のみこの結果が確認された
  • 趣味が難しく、仕事と似ていた時、自己効力感が低下していた

一杯趣味の時間があり、しかも楽しめる活動をしていれば、仕事への自信が高かったということです。

 

しかし、なぜこのような現象が確認されたのでしょうか。

研究者は、仕事と趣味が似ていると心理的な負担がかかる、といいます。

充分に心身が休まらず、パフォーマンスが低下してしまうわけです。

反対に、仕事とは無関係の趣味であれば心理的な負担はなく、趣味が上達していくことで自分に自信が付いていきます

疲労の回復かつ、自信アップにつながるのです。

 

研究者はいいます。

「科学者で熱心なロッククライマーでもある人を考えてみてください」

「クライミングで日々の作業活動から開放されることで、彼らはきつい仕事から回復し、リソースを補充し続けられるのです」

 

ただ、今回の研究は因果関係を決定づけるものではありません。趣味の時間が取れるかはその人の仕事の出来次第とも言えます。

また、未趣味な人を比較した実験も必要となるでしょう。なにもしない時間を取ったほうが、生産性が上る可能性もあるのです。

 

とりあえず今言えることは、仕事を考えない時間を作ることが仕事への自信や、次の日の生産性を高めるために重要だということです。

趣味がない人は、職場から帰ったらリフレッシュできるように、マインドフルネスやゲームに熱中すると良いでしょう。

-心理学ニュース

Copyright© 超インドアブログ , 2020 All Rights Reserved.