超インドアブログ

好奇心を刺激する心理学ニュース、心理学まとめ、ライフスタイル系の情報を発信していきます

メンタル 心理学ニュース

愛を意識するだけで心理的ウェルビーイングがアップするかも

love-awareness

新しい研究によると、日常的に「愛されている」と思えている人は、心理的ウェルビーイングが高い傾向にあることが分かりました。

心理的ウェルビーイングの高さが示すのは、楽観性や人生の目的を意識できているかどうか。つまり、この値が高い人ほど幸福でいられるということです。

Penn State Institute for Computational と、Data Sciences (ICDS)の研究者たちは2度調査を行い、愛と心理的ウェルビーイングの関係を発見しました。

論文が”Personality and Individual Differences”に掲載されています。

 

愛を強く感じている人は、心理的に幸福だった

研究では、幅広い年齢層からなる52人と、160人の大学生を対象にある調査を行っています。

調査期間は4週間で、被験者らは毎日ランダムな時間に4回、次の質問に答えたとのこと。

  • 愛の感覚(どれだけ愛を感じたか)
  • 心理的ウェルビーイング(人生の目的を意識できているか、楽観性)

それから得られたデータを分析すると、毎日愛を強く感じている人たちは心理的ウェルビーイングが高く、より外交的だったことが分かりました。

これはつまり、愛されている実感の強さがポジティブな精神状態と結びついていたということ。

 

一方、愛を感じられていない人たちは神経症的傾向が高かったそうです。神経症的傾向が高いと、ストレスを感じやすく、うつや不安になりやすくなってしまいます。

強いメンタルを維持するには、愛の存在が重要なのかもしれません。

 

今回の研究で言うところの愛とは、恋愛以外のことにも当てはまります。

研究者曰く、

日々感じている愛とは、恋愛よりも広い概念のことです。それは、あなたが誰かと心を通わせた時に感じられます。例えば、あなたが隣人と話をしている最中、あなたが相手から気遣う言葉を掛けてもらうと、その言葉が心に響いて愛を感じるでしょう。それが影響して、あなたのウェルビーイングが高まるかもしれません。

とのこと。

自分が「大事にされている」と思えた瞬間に、愛を感じられて精神が強くなるのでしょう。

 

愛を意識するだけでも良いらしい

調査期間中、被験者たちは「愛を意識」せざるを得ない状況にいました。なぜなら、ランダムな時間にやってくる質問「どれだけ愛を感じていたか」に答えなければならなかったからです。

このことが影響したのか、研究結果には、彼らの「愛の感覚」が日を追うごとに強まっていたことが示されています。

 

研究者は、

この効果は今回の2つの研究で再現されています。これが示すのは、愛への気づきを高めること自体が、長期間に渡って愛の感じ方を強くするのかもしれないということです。

と言っています。

 

ということは、日常の中でただ愛を意識するだけでも、心理的ウェルビーイングを高められるのかもしれません。

 

リマインダーで「愛の通知」をセットしよう

研究者は、日頃から愛を意識するためにリマインダーを使うことを勧めています。

スマートフォンで特定の時間に「愛を意識せよ」と自分に知らせるだけで、幸福感が高まる可能性があるのです。

 

最近、ネガティブな気持ちが続いている人は、試してみると良いでしょう。

-メンタル, 心理学ニュース

Copyright© 超インドアブログ , 2020 All Rights Reserved.