超インドアブログ

好奇心を刺激する心理学ニュース、心理学まとめ、ライフスタイル系の情報を発信していきます

パーソナリティ

人の顔を覚えられないのは内向性が関係しているかも

face-recognition

何度同じ人に会っても、顔を覚えられない人は少なくありません。

知り合いを別の人の名前で呼びかけてしまい、気まずい思いをすることもしばしば。

なぜ、顔を覚えるのが苦手な人と得意な人がいるのでしょうか。

脳の障害が原因の場合もありますが、実はパーソナリティが影響しているという研究結果も報告されています。

この記事では、特に内向性に注目して顔を覚えられない人の特徴をご紹介していきます。

顔を覚えられない3つの原因

同じ人に何度会っても顔を覚えられない場合、考えられる原因は主に3つあります。

  1. 脳の障害
  2. 認知機能の低下
  3. パーソナリティ

脳の障害

まずは脳の障害から。

顔の識別ができない人は、相貌失認という失認の一種が原因かもしれません。相貌失認の症状としては、例えば映画を見ても演者たちの顔の区別がつかず、内容の理解が進まないというもの。

顔認知に関わる脳の領域に欠陥があることで、症状が現れるようです。

 

認知機能の低下

2つ目の認知機能とは、記憶力の低下によって顔を覚えられないということです。この場合は、顔認知だけでなく日常生活にも支障がきたされるでしょう。

買い物に行っても、必要な食品を買い忘れたりします。

記憶力を上げる努力をすれば、顔を覚えるのも楽になるかもしれません。

 

パーソナリティ

そして最後、パーソナリティも顔認知と関係しています。例えば、共感力の高い人は顔を覚えたり見分けたりするのが得意という結果が出ているようです。

研究では、何人かの顔写真を見せて覚えてもらったのち、別の新しい顔とごちゃまぜで提示しています。どの顔が最初に記憶したものか当てるというテストを行いました。すると、共感力が高い人は低い人よりも、成績が良かったのです。

 

また、不安になりにくい人たちも顔を覚えるのが得意という研究結果も報告されています。特に社交不安の人が顔を覚えられないようです。

性格的に、顔を覚えるのに有利な人たちがいるのかもしれことが、これらの研究により明らかにされたのです。

 

内向型は顔を覚えるのが苦手かも

共感力や不安以外と同様、内向性も顔の覚えやすさに影響するようです。

 

顔認知テストで成績を比較

2010年に発表されたこちらの研究では、外交的な人のほうが内向的な人よりも顔認知が得意であることが示されました。

 

外交的な20人と内向的な23人に、顔認知のテストを実施。それからパーソナリティとテストの結果を比較すると、外交的な人のほうが良い成績を取っていたのです。一方、花を覚えるテストでは、性格で差は現れませんでした。

つまり、人の顔を覚えるという一点に対して、外向的かどうかが能力の高さを左右する可能性があるということ。

 

外交的な人は社交に長けていることで知られ、内向的な人よりも社交の機会が頻繁にあります。そのおかげか、自然と顔をを見分ける能力が高まり、顔認知が得意になるのかもしれません。

 

外交的な人は有名人の顔を覚えるのも得意だった

外交的な人は、テレビで見る有名人の顔もすぐに覚えられるかもしれません。

 

先程の研究では、一般の人の顔を覚えられるかのテストが使われていました。

そして今度は別の研究で、有名人の顔写真を使用して顔認知のテストを行っています。

 

被験者に有名人の顔写真を見せ、その人の名前または特定できる情報を答えてもらったそうです。さらに、2つの異なる顔写真を見てもらい、それらが同じ人物であるかもテストしました。

 

結果、今回も外交性と顔認知にポジティブな関係が確認されました。結論として、外交的な人は内向的な人よりも顔を覚えるのが得意な傾向にあるとのことです。

 

ただ、因果関係についてはよくわかっておらず、外向性の何が顔認知に影響を与えているのか今後の研究で突き止める必要があります。

外交的だから顔を覚えやすいのか、顔を覚えやすいから外交的なのかは分かりません。

もしかしたら、内向的な人は性格を変えようと努力することで、顔を覚えやすくなるかもしれませんね。

 

まとめ

人の顔を覚えられない人は、次の3つの中のどれかに心当たりがあるかもしれません。

  1. 脳の障害(相貌失認)
  2. 認知機能の低下(記憶力)
  3. パーソナリティ(共感力の低さ、不安が強い、内向的)

2であれば記憶力を高めるために、運動したり食事を変えたりすることで改善が見込めます。

しかし、他の2つに当てはまる人は困難を極めます。

顔を覚えるのではなく、喋り方や癖でその人を記憶するのが良いでしょう。

もし友人や知り合いに顔を覚えられない人がいたら、自分の特徴的なところを伝えておくと、自分のことを忘れられないようになるかもしれません。

 

-パーソナリティ

Copyright© 超インドアブログ , 2020 All Rights Reserved.