超インドアブログ

好奇心を刺激する心理学ニュース、心理学まとめ、ライフスタイル系の情報を発信していきます

メンタル 心理学ニュース 睡眠

睡眠の深さが不安レベルと関係していることが判明

sleep-anxiety

睡眠の質が、起床後の不安レベルを予測することが新たな研究で判明しました。

論文が”Nature Human Behaviour”に掲載されています。

 

深い眠りで不安が低下

カリフォルニア大学バークレー校の研究により、ぐっすり眠れた日には眠れなかった日よりも不安が低下することが分かりました。

研究チームは、まず18人の若者を対象に、ラボ実験を行っています。

被験者らは、充分眠った日と眠れなかった日の2回、起床後に感情を刺激するビデオを見たそうです。視聴している間、MRIで脳の状態を測定し、終了後に不安レベルも測っています。

その結果、次のことが分かりました。

眠れなかった日は、

  • 不安レベルが高かった
  • 不安を防ぐ脳の部位(medial prefrontal cortex)がシャットダウンしていた
  • 情動中枢が過剰に反応していた

よく眠れた日は、

  • 不安レベルが低かった
  • 特に深い眠り(ノンレム睡眠)が長かった人は、より不安レベル低かった

とのこと。

ぐっすり眠ることが、感情を安定させる秘訣であると言えるでしょう。

 

しかし、こんな疑問が浮かんだ人もいるでしょう。「実験の対象人数少なくない?」と。

そこで、カリフォルニア大学バークレー校は、さらに2つも実験を行っています。

1つは、先程よりも多い30人の被験者を使い、睡眠と不安の関係を調べました。結果はやはり、深い眠りが長かった人のほうが翌日の不安レベルが低いことが確認されました。

 

そしてもう一つ。オンライン調査にて、280人(幅広い年齢)を4日間に渡って調査しています。

こちらは、毎日、被験者に睡眠の質と不安レベルを答えてもらった結果、睡眠の長さと質が翌日の不安レベルを予測したとのことです。それだけでなく、ちょっとした睡眠の違いだけでも不安に影響していたことも分かっています。

 

「昨日より30分寝れなかった」ということがあれば、前日より感情が不安定になりやすくなってしまうのです。

しかしなぜ、睡眠が不安と関係しているのでしょう。

論文の著者は次のように言います。

睡眠が不十分ということは、まるで脳が充分なブレーキもなく、感情のアクセルペダルを踏みすぎているようなものです。

悪睡眠のせいで、感情を安定させる装置が上手く機能しなくなってしまうのでしょう。

これは特に、不安の強い人にとって重要な問題です。

著者曰く、

社交不安障害の人は、定期的に睡眠妨害を報告する。しかし、不安を低下させるための臨床勧告として、睡眠の向上が考慮されることはほとんどない。

とのこと。

睡眠妨害とは、夜中に何度も目が覚めて充分に眠れないことを意味します。

不安で悩む人は、睡眠の質を高めるために睡眠効果の高いサプリを飲んだり、睡眠習慣を気をつけたりすることが大事。

夜は画面の光を遮断し、同じ時間にベッドに入る。日中はよく運動し、朝は光を浴びる。そういった、睡眠対策を取るようにしましょう。眠りが深くなれば、いつもより不安が低減するかもしれません。

-メンタル, 心理学ニュース, 睡眠

Copyright© 超インドアブログ , 2020 All Rights Reserved.